Event is FINISHED

第30回憲法フェスティバル

Description

今年のテーマ「主権者は私たち」について


憲法フェスティバルは、「憲法への招待」「憲法の裾野を広げる」を合言葉に、1987年に第1回を開催してから毎年回を積み重ね今回で30回目を迎えます。個人の尊厳、国民主権、平和主義といった日本国憲法の基本的価値観をわかりやすく伝え、一人ひとりの生きる力とすることができたらという思いで続けてきました。下に掲げる木下恵介さんのことばは、私たちの共通の想いです。

ところが、今私たちの目の前には、集団的自衛権の行使容認の閣議決定がなされ、安全保障法制が成立してしまい、平和主義だけにとどまらず、立憲主義という憲法の基本原則までないがしろになされてしまっているという現実があります。

今年の6月19日から選挙権年齢が18歳に引き下げられ、夏の参議院選挙には適用されるという大きな変革が行われます。

ヒトラー政権が当時最も民主的な憲法と呼ばれたワイマール憲法の下で独裁的権力を獲得し、「法律」に基づいて筆舌に尽くしがたい戦争被害を生んだことを考えると、30年の節目に、改めて原点にかえって、私たちひとり一人が主権者であることの意義をもう一度考えてみたいと思います。

今年の出演者


木村 草太(憲法学者)

1980年生まれ。東京大学法学部卒。同助手を経て、現在、首都大学東京准教授。助手論文を基に『平等なき平等条項論』(東京大学出版会)を上梓。法科大学院での講義をまとめた『憲法の急所』(羽鳥書店)は「東大生協で最も売れている本」と話題に。近刊に『キヨミズ准教授の法学入門』(星海社新書)『憲法の創造力』(NHK出版新書)がある。
テレビ朝日「報道ステーション」でのコメンテーター、沖縄タイムスでの連載「憲法の新手」の他、その他ラジオ番組等、マスメディアでの活動も多い。

志葉 玲(ジャーナリスト)

1975年東京生まれ。大学卒業後、番組制作会社を経て、2002年春から環境、平和、人権をテーマにフリーランスジャーナリストとしての活動を開始する。 2010年よりイラク戦争の検証を求めるネットワーク事務局長。雑誌、新聞などに記事を寄稿、テレビ局に映像を提供する他、2013年よりYahoo!ニュース個人のオーサーとして、記事を配信。紛争地取材を得意とし、イラク戦争取材で7回の現地入りした他、パレスチナ自治区ガザでの取材(2009年、2013年、2014年)、レバノン戦争(2006年)などを取材してきた。日本リアリズム写真集団の第40回全国公募写真展「視点」2015で、ガザの写真が優秀賞。著書に『たたかう!ジャーナリスト宣言—ボクの観た本当の戦争』(社会批評社)、共著に『イラク戦争を検証するための20の論点』(合同出版)、『原発依存国家』(扶桑社新書)など。

クミコ(歌手)

茨城県水戸生まれ。1978年「世界歌謡祭」に日本代表の一人として参加。1982年シャンソニエの老舗・銀座「銀巴里」でプロ活動をスタート。02年「わが麗しき恋物語」が、“聴くものすべてが涙する歌”としてヒットし一躍脚光を浴びる。10年「INORI〜祈り〜」がヒットし、第61回NHK「紅白歌合戦」初出場を果たす。翌年3月11日、コンサートで石巻に訪れた際、東日本大震災に遭遇し被災。14年、アルバム「美しい時代のうた〜クミコ コロムビア カヴァーズ〜」をリリース。
また、NHK連続ドラマ「花子とアン」「マッサン」で劇中に流れ話題となったスコットランド民謡「The Water Is Wide」の日本語版「広い河の岸辺〜The Water Is Wide〜」をリリースすると、“希望の歌”としてロングヒットし、オリコン演歌・歌謡曲部門にて昨年末1位を獲得。全国では、合唱バージョンも唄われ広がりをみせている。15年3月、戦後70年のメッセージソングとして「先生のオルガン」をリリース。また9月に、湯川れい子作詞、つんく♂作曲・プロデュースの日本子守唄協会 創立15周年記念歌である新作子守唄「うまれてきてくれて ありがとう」をリリースすると話題となり、「第57回輝く!日本レコード大賞」にて作曲賞を受賞し、さらなる注目を集めている。
Event Timeline
Sat May 28, 2016
1:00 PM - 5:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般 ¥1,800
大学生 ¥1,000
高校生以下
障害者・付添人 ¥1,000
Venue Address
東京都中央区銀座2-15-6 Japan
Directions
■東京メトロ有楽町線 新富町駅1番出口 徒歩1分 ■東京メトロ日比谷線・都営地下鉄浅草線 東銀座駅3・5番出口 徒歩8分 ■江戸バス(中央区コミュニティバス) 「中央区役所」停留所 徒歩1分
Organizer
憲法フェスティバル実行委員会
38 Followers
Attendees
28 / 400